主な職種

技術

電気工事をはじめとする各種工事の施工および現場管理を行う技術者は、会社の主力事業を支える存在です。巨大プラントから官公庁の大型施設、高速道路など、活躍の場は様々。一つ一つの作業を着実に積み上げて大きな仕事をやり遂げる達成感は格別です。

設計

各種工事の設計、関係資料の作成を行うCADオペレーターがいてこそ、電気工事は成立します。電気設備図を担当する「電気グループ」と空調など機械設備図を描く「設備グループ」があります。よりよい図面を描くため、現場に足を運んで工事士との連携をはかっています。

事務

適切な資料作成でフロント営業マンのバックアップをしたり、会社員の仕事の流れを把握し、お金の管理をしたり。事務の仕事は会社の信頼と実績を支える生命線。常に一歩先を見据えて事業内容を把握するため、電気工事士の国家資格を取得する人も増えています。

文系でも理系でも

「文系の私にできることってあるのかな」ー そんな心配は無用です。設計や事務の殆どは文系出身者。技術職でも文系出身者がたくさん活躍しています。新人社員研修で業務内容を一通り把握したら、希望の業種につけるよう尽力してくれるのがイガラシ綜業の人事です。

活躍は、業務の枠を超えて

必要や希望に応じて業務交替が行われています。学生時代からの得意分野を活かしての登用や、特命を受けることも。新しいものを恐れずチャレンジする人の道は常に開かれています。